キャンペーン缶DXキャンペーン缶DX

大王グループ大王グループ

資料請求・お問い
合わせ

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

企画開発本部 WEB推進部
インサイドセールス課

(平日10:00〜18:00)

スタッフコラムスタッフコラム

2022-04-14

成功する店頭POP/制作のポイントとは?


キャンペーン施策をお考えの皆様、店頭ビジネスに課題はありませんか?


どの商品が選ばれるか、その多くは、店頭で決まるといいます。
店頭で、自社商品を買っていただく働きをするのが、店頭POPの機能です。


今回は、店頭で最大の効果をあげるためのPOP制作のポイントを整理します。


販促のテーマが絞り込まれている


POPは、店頭の課題解決のために存在します。何をもって課題解決とするかが販促テーマです。販促のテーマ開発では、「時期・時節」「新規顧客獲得か既存顧客リピート購入」の2つの要素の絞り込みが重要です。
「時期、時節」とは、生活者全ての人が関心があるテーマ。季節感や話題、社会トレンドを取り込んだPOPのデザインは、買い物客の共感を呼び、商品により深い関心を持ってもらえます。


買い物客の視点は、「新規顧客獲得か既存顧客リピート購入」かのどちらかです。ねらうお客様層が、商品を知らない「新規顧客」か、すでにブランドや商品を知っていて、体験済みの「既存顧客」の方へ再購入を働きかけるかによって、POPの企画・デザインも、ツールの機能性も大きく違います。明確に販促テーマを設定し、設計されているPOPは、その層に向けた効果をより強く発揮でき、その効果が最大化します。


POPの機能やデザインは、テーマにそって採択するかで大きく変わります。販促テーマが絞られていることで買い物客に伝わりやすく、店頭に最も適したPOPの機能やデザイン開発につながります。



ターゲットに向けての発信がある


ターゲットとは、もちろん商品を買ってもらうお客さまです。販促テーマと同様、POPが誰に向けて作られているか、ターゲットが明確であるほど伝わるPOPになります。設定したターゲットに向け発信することで、多くのお客様を振り向かせ、強い動機付けへと繋がります。
ターゲットの設定には、年齢や性別、居住地域といったデモグラフィック属性による分類が利用されます。デモグラフィック属性では、生活スタイルがセグメントできて、それによって買い物ニーズを的確に捉えられ、POPが発信するメッセージが強い訴求になります。
ターゲットに向けた訴求を作り込むことでPOP広告の効果を最大化できます。


他よりも先に、顧客の目に留まる強力な機能性とデザイン性を持ったPOPの開発を行うため、ターゲットと目的の設定を絞りこむことが重要です。
店頭には、多くの自社以外の商品が並び、他のジャンルのPOPも溢れています。
自社商品が選ばれ、手にとってもらうためには、一瞬で強く伝わるPOPでなくてはなりません。





POP配置場所によってツールとデザインが最適化されている


店舗では、商品棚以外にも玄関、各種什器、エンド、フロア通路、レジ横などのスポット別に、買い物客の視線や動線に配慮してPOPが配置されます。買い物客の心理が各スポットによって微妙に変化していくためです。


そのためPOPの施策では、POPの配置場所によって、ふさわしいPOPツール(形態・形状)選びとその機能を最大化させるためのデザインが求められます。




  • 告知POP
    キャンペーンを告知するPOPや複数繰り返されるポスターなどです。繰り返されることで、視線を集めやすく、店頭がにぎやかになります。
    ツール類/ポスター、カットアウト、卓上スタンド、ショーカード、立て看板
  • アテンションPOP
    店頭、店舗内で、商品やブランド、キャンペーン名やキャッチコピーを訴求するPOPです。
    ツール/サイン、看板、バナー、のぼり、フラッグ、タペストリー、等身大、ビッグダミー
  • POP什器
    販促効果だけでなく、陳列スペースの確保としても機能します。定番のカウンター什器は、商品陳列時の見栄えのアップ、他社商品との差別化ができます。
    ツール類/カウンター什器、ハンガー什器、フロア什器、ジャンブル什器
  • 演出POP
    タレントや人物モデル写真や、商品利用シーンなどをデザインしたイメージ中心のPOP。店舗の雰囲気や商品が持つブランドのムードや世界観を演出する機能をもったPOPです。
    ツール/装飾キット、ショーケース、ショーウインドウ、商品展示台、ディスプレイ台
  • 体感型POP
    商品が持つ機能や特徴を体験として理解させる機能をもった、実物サンプルや見本、模型。映像・IT機器などを活用した体感型のPOP。
    ツール/テスター台、体感キット、映像系モニター、インタラクティブ什器



  1. POP その他の付加機能
    1. 動きを付ける・・・スイング:視線を奪う
    2. 音を出す・・・音声スピーカー:耳からアテンション
    3. 照明を使う・・・フラッシュPOP:他より目立つ
    4. 映像を用いる・・・デジタルサイネージ:動画の情報量活用
    5. インタラクティブ機能・・・パーソナライズ


デザイン表現が「買うべき価値」を届けている


POPは広告制作物のため、デザイン品質や完成度の高さに、その成功のカギがあります。POPのデザインは、表現として店頭で自社商品の「買うべき価値」を届ける役目がありませす。成功するPOPは、買うべきお客様のことを知っており、最適なメッセージになって語りかけてきます。自社商品が一番魅力的に感じられる価値表現をダイレクトに伝えるためのPOPデザインに必要な要素をまとめました。


POPデザイン表現におけるポイント


  1. 季節感が表現されトレンドに乗っており、情報鮮度が高い
  2. 商品の強みが絞り込まれており、それが一瞬で理解できる
  3. 訴求ポイントである購入メリットをがわかりやすく表現されている
  4. 具体的な消費者のベネフィットが表現されている
  5. キャッチコピー、キービジュアルで一瞬で伝わっている

伝えたい商品の購入満足度を容易に想像できるような具体的なイメージやデザイン、テキストになっていることが成功するPOPの秘訣です。


POPは、店員に代わって、商品価値や購入すべき価値を届ける役割を担います。POPが、購入客にその「価値」を大きく強く伝えるほど、強い動機付けとなり、成功するPOP制作には、必要な要素なのです。



キャンペーン缶DXでは、キャンペーンの認知促進のためのツールとしてツール制作のご支援もしております。ぜひ、店頭POPをご検討されている方は、ダイオーミウラへご用命ください。


キャンペーン缶DX キャンペーンツール制作

こちらもご覧ください


最後まで読んでいただきありがとうございました。