キャンペーン缶DXキャンペーン缶DX

大王グループ大王グループ

資料請求・お問い
合わせ

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

企画開発本部 総合販売部

(平日10:00〜18:00)

キャンペーンお役立ちコラムキャンペーンお役立ちコラム

2023-04-21

インスタントウィンキャンペーンの仕組みや効果を出すコツを詳しく解説

販促施策として、インスタントウィンキャンペーンの実施を検討している担当者の方の中には、


  • そもそもインスタントウィンキャンペーンの仕組みは?
  • インスタントウィンキャンペーンのメリットやデメリット
  • 効果的なインスタントウィンキャンペーンを設計するためのポイント

などを、改めて確認しておきたい方もいるかもしれません。


そこで、この記事ではインスタントウィンキャンペーンの仕組みや、メリット・デメリット、成功させるためのコツについて詳しく解説していきます。




インスタントウィンとは?



インスタントウィンキャンペーンとは、消費者がプロモーションに参加することで、瞬時に当落が判るキャンペーンのことです。


通常、消費者は商品のパッケージに印刷されたコードを入力し、その場で結果が表示されます。もしそのコードが当選番号であれば、その場で賞品が獲得できます。


インスタントウィンキャンペーンは、企業が製品の販売促進やブランド認知度を高めるために使用される一般的な販促施策の1つです。


消費者は、購入を促進するために商品を買うように誘導され、また企業は、消費者から販売データを収集できます。




インスタントウィンキャンペーンの仕組みを解説



インスタントウィンキャンペーンの仕組みは、次のようになります。


  • ①キャンペーンページやSNSの投稿で、参加者に応募方法を案内します。
  • ②参加者が応募フォームに必要事項を入力し、送信します。
  • ③キャンペーン主催者は、参加者が入力した情報を確認し、当選者を決定します。当選者は、ランダムに抽選される場合もあれば、応募回数に応じた確率で当選する場合もあります。
  • ④当選者には、その場で当選結果が表示されます。また、当選者には、景品や賞品の受け取り方法などを案内するメールやDMが送られます。
  • ⑤参加者が当選しなかった場合は、残念メッセージや次回のキャンペーン情報が表示されることもあります。

インスタントウィンキャンペーンは、簡単に参加できてその場で抽選結果がわかる仕組みのため、多くの人々に人気があります。


ただし、キャンペーン運営側は、参加者情報の収集や景品の発送など、一定の手間やコストがかかることに留意する必要があります。


>>キャンペーン缶DXでは「インスタントウィンキャンペーン」を手軽に始めることができます。




インスタントウィンキャンペーンを実施する方法



インスタントウィンキャンペーンを実施するには、以下のステップを実行する必要があります。


ステップ①目的と賞品の決定


キャンペーンの目的を明確にし、賞品を決定します。賞品は消費者に魅力的で、キャンペーンの目的に合ったものにする必要があります。


ステップ②応募要項の作成


キャンペーンへの応募要項を作成します。応募要項には、参加方法、賞品、期間、当選条件、受賞者の選出方法などが含まれます。


ステップ③シリアルナンバーの生成


キャンペーンの対象商品の購入者にシリアルナンバーを提供する必要があります。シリアルナンバーは、商品の外装パッケージにシールなどで添付するか、用紙に印刷して商品同梱します。
店頭でキャンペーンの開催を伝えられて購入者以外はナンバーを読み取れない二層式のシールがおすすめです。参加者に最適な仕組みでコードを提供することが大切です。


ステップ④フォーム(システム)の用意


シリアルアンバーを判別し、応募者の情報を適切に受け取ります。
個人情報の取得画面であり、わかりやすく応募者に入力しやすい設計が必要です。


ステップ⑤キャンペーンの宣伝


キャンペーンを宣伝し、消費者が参加しやすくするために、WebサイトやTwitterなどのソーシャルメディアなどで宣伝を行います。
また、店頭でのポスターやPOP広告なども効果的です。


ステップ⑥当選者の選出-抽選-

フォーム(システム)の用意

シリアルアンバーを入力した時点で、その場で当選者を選出する必要があります。
抽選の仕組みとしては、あたりかはずれの二択やや、1等、2等など賞品をランダムに当選させる方法があります。


ステップ⑦賞品の配布


当選した消費者には、賞品を迅速に配布する必要があります。賞品は、配送するか、店頭での受け取りなど、さまざまな方法で配布できます。
インスタントウィンキャンペーンを実施する場合は、法律や規制に準拠する必要があります。
また、消費者のプライバシーを守り、公正なキャンペーン運営を行うことが重要です。




インスタントウィンキャンペーンを実施する方法



インスタントウィンキャンペーンには、以下のようなメリットがあります。


メリット①高い参加率


インスタントウィンキャンペーンは、簡単に参加できてその場で抽選結果がわかる仕組みであるため、参加率が高くなります。
消費者は、当選確率が高いと認識し、参加を促されることが多いためです。


メリット②ブランド認知度の向上


キャンペーンを実施することで、企業のブランド認知度を向上させることができます。キャンペーンに参加した消費者は、商品やブランドについてより深く知ることができます。


メリット③販売促進の効果


キャンペーンに参加するために商品を購入する消費者が増える仕組みのため、販売促進の効果が期待できます。
また、当選確率が高い場合、消費者は商品を何度も購入させる動機づけに繋がります。


メリット④消費者との関係構築


インスタントウィンキャンペーンは、消費者との関係構築にも有効です。消費者は、企業が提供する賞品に興味を持ち、キャンペーンに参加することで企業とのつながりを感じることができます。


メリット⑤リアルタイムな結果


インスタントウィンキャンペーンは、当選者が瞬時に決定する仕組みのため、リアルタイムな結果が得られます。
これにより、参加者にとってより興味深く、エキサイティングなキャンペーン体験を提供することができます。


メリット⑥参加者のデータ収集


キャンペーンに参加する消費者のデータを収集することができます。
シリアルナンバーの入力や登録時に、参加者の情報を収集することができます。これにより、よりターゲットに合わせたマーケティング施策を行うことができます。
例えば、性別や年齢、趣味や関心事などのデータを収集することができ、それらを分析することで、より正確なターゲティングが可能となります。


メリット⑦ソーシャルメディア上での拡散効果


インスタントウィンキャンペーンは、Twitterなどのソーシャルメディア上で拡散効果が高いです。
当選した消費者が賞品の写真をSNSに投稿したり、キャンペーンページをシェアしたりすることで、広告効果が期待できます。


メリット⑧キャンペーンの再利用性


インスタントウィンキャンペーンは、同じキャンペーンを繰り返すことができます。
参加者にとっては、何度も参加することで当選確率が上がると期待できるため、継続的な参加が見込めます。また、企業側も、再利用することで販売促進の効果が期待できます。




以上のように、インスタントウィンキャンペーンには多くのメリットがあります。企業やブランドがより多くの消費者と関係を築き、販売促進につなげるために、積極的に取り入れることが望まれます。


※参考:販促施策とは|コロナ禍で変わった消費行動に対応する販促施策に必要なコトとは?




インスタントウィンキャンペーンのデメリット



インスタントウィンキャンペーンには、以下のようなデメリットも存在します。


デメリット①費用がかかる


シリアルナンバーの生成や配布に費用が掛かります。予算に余裕がない場合、負担が大きい可能性があります。


デメリット②当選確率による不満


当選確率が低いと、参加者から不満が出る可能性があります。また、一部の消費者が何度も当選するなど、不公平な状況が生じることも考えられます。


デメリット③ネガティブな口コミのリスク


キャンペーンが不公平であると感じた参加者からのネガティブな口コミがSNS上で拡散されることがあるため、リスクが伴います。


デメリット④データ保護上の問題


参加者の個人情報やデータを収集するため、データ保護上の問題が生じる可能性があります。


デメリット⑤継続的な需要の問題


インスタントウィンキャンペーンは、短期的な需要の増加をもたらすことができますが、長期的な需要の継続にはつながりにくいことがあります。


デメリット⑥意図しない参加者の発生


当選賞品が、広く知られ人気で魅力的な場合、本来ターゲットとしていなかった消費者が参加する場合があります。そのため、キャンペーンの効果が減少する可能性があります。




以上が、インスタントウィンキャンペーンのデメリットの一部です。これらのデメリットを把握し、キャンペーンの運営にあたっては、対策を講じることが重要です。




インスタントウィンキャンペーンを成功させるポイントとは?



インスタントウィンキャンペーンを成功させるためには、以下のポイントに注意する必要があります。


キャンペーンの目的を明確にする


キャンペーンの目的や目標を明確に設定することで、キャンペーンの運営や効果測定がしやすくなります。


ターゲットを明確にする


キャンペーンの対象となる消費者の属性や嗜好などを明確にし、ターゲットに合った景品や賞品を用意することが重要です。


魅力的な景品や賞品を用意する


キャンペーンの成功には、魅力的な景品を用意することが不可欠です。ターゲットの消費者が本当に欲しいと思う景品を提供することが求められます。


キャンペーン期間を適切に設定する


キャンペーンの期間を適切に設定することが大切です。
期間が短すぎると、消費者が参加する機会を逃す可能性がありますが、期間が長すぎると、消費者の興味が薄れる可能性があります。


キャンペーンの宣伝をしっかり行う


キャンペーンの宣伝を十分に行い、消費者に参加の機会を周知することが必要です。TwitterなどのSNSやメールマガジン、ポスターなど、多くの媒体を活用することが望ましいです。


キャンペーンのルールを分かりやすく伝える


参加方法や当選条件などのキャンペーンのルールを分かりやすく伝えることが必要です。ルールが分かりにくいと、消費者が参加する意欲が低くなる可能性があります。


当選確率を高める


当選確率を高めることで、参加者の満足度が高まります。当選確率を上げるためには、景品や賞品を増やしたり、当選者数を増やすことが考えられます。


フォローアップを行う


キャンペーン終了後に、当選者にはフォローアップを行うことが重要です。
当選者には、景品や賞品の受け取り方法や期限、次回のキャンペーン情報などを案内することで、ファンづくりにつなげることができます。


セキュリティに配慮する


キャンペーンには、個人情報や賞品の管理など、セキュリティに関する問題があります。適切なセキュリティ対策を行い、参加者からの個人情報漏洩や詐欺行為などのトラブル防止が必要です。


キャンペーンの効果を測定する


キャンペーンの効果を測定することで、次回のキャンペーンの改善点を把握できます。参加者数や応募率、SNSでの反応などの測定が重要です。


法律に違反しないようにする


キャンペーンを運営する上で、景品や賞品の表示方法、応募方法、プライバシーに関する法律などに違反しないように注意する必要があります。


※参考:キャンペーンでおさえておくべき景品表示法とは?キャンペーン期限の制限はあるの?




これらのポイントを押さえながら、インスタントウィンキャンペーンを運営することが重要です。




インスタントウィンキャンペーンの企画からキャンペーン事務局の運営まで一括で任せられるサービスがある?


インスタントウィンキャンペーンを実施する場合、キャンペーン事務局の運営はもちろん、キャンペーン企画などの準備も非常に業務負荷が高いと感じる担当者の方も多いです。


そんなインスタントウィンキャンペーンの企画から設計、販促ツールの選定、運用、キャンペーン事務局代行、分析などを一気通貫でサポートするサービスが「キャンペーン缶DX」です。


キャンペーン事務局もまるっと任せられるキャンペーン缶DXとは?



キャンペーン缶DXは、印刷で90年、WEBで30年の実績と信頼の 大王グループが提供するWEBキャンペーン支援サービスパッケージです。


ナショナルブランドをはじめ、多くの実績で培ってきたノウハウを活かし、販売促進キャンペーンを低コストで支援するサービスです。



などキャンペーンプランに応じた7つのパッケージを用意しているため、キャンペーンをスムーズに実施することが可能です。


その他オプションなども豊富に揃えているため、実施したいキャンペーンに応じてカスタマイズ可能です。



まずはお気軽にお問い合わせ・ご相談ください。


>>キャンペーン缶DXのレシートキャンペーンについての詳細はこちら