キャンペーン缶DXキャンペーン缶DX

大王製紙印刷グループ大王製紙印刷グループ

お問い
合わせ

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

(平日10:00〜18:00)

お急ぎの方はこちらへ

(担当:高木 24時間・365日)

スタッフコラムスタッフコラム

2021-11-26

ウェブキャンペーンをやるべき4つの理由!


先日、株式会社デジマース様との合同ウェビナー「キャンペーンのトレンドを徹底解説」を開催いたしました。おかげさまで盛況のうちに終了いたしました。ご視聴いただいた皆様、誠にありがとうございました。

本ウェビナーでは、ウェブキャンペーン実施時に参考にしたい事例や、現在行われているウェブキャンペーンの動向などを紹介いたしました。
今回は、そのウェブキャンペーンをやるべき理由をまとめてみました。


理由その1 スマホを持つユーザーに、時と場所を選ばずアプローチできる


こちらのデータにある通り、国内のスマホの保有率は、9割を超えているそうです。10年前は1割もありませんでした。


【スマホ比率・端末所有】スマートフォン比率92.8%に:2010年は約4% ここ10年でいっきに普及(2021年4月14日)
https://www.moba-ken.jp/project/others/ownership20210414.html



NTTドコモ モバイル社会研究所

通勤電車のみならず、スマホはいつでもどこでもアクセス可能で、いま必要な情報を得ることができます。
アプリやサービスを活用して、通勤定期券やお財布の代わりにもなりますし、移動中にショッピングももはや当たり前ですね。
今では若年層に限らず、SNSやメッセージアプリなどで会話を楽しむ中高年の方も増えています。ウェブを使った販促では、スマホユーザーのスキマ時間をねらって、商品やサービスの案内をメッセージ配信することで、認知度や購買率を向上させる効果が期待できます。


理由その2 ウェブフォームを用意することで、応募者の情報をリアルタイムで得られる


ウェブの販促活動では、さまざまな形でユーザーの反応を取得することができます。しかもそれは、リアルタイムな反応です。
レシートキャンペーンの応募手段について考えてみましょう。紙の応募ハガキの場合、レシートを貼って、住所や名前を書き、さらに郵便切手を貼ってポストへ投函する必要があります。スマホの応募サイトなら、レシートは、カメラで撮影したレシートをアップして、同時に住所、氏名を応募フォームに入力してその場で応募完了。応募率を向上させる効果が期待できます。また、ウェブフォームは、未入力項目を未然に防ぐなどの入力制御プログラムによって、お客様情報を正確に得ることができ、景品などをお送りする住所の確認作業の手間を軽減できる効果もあります。


理由その3 SNSを使ったキャンペーンでは、話題性を提供し、ターゲットに広く拡散できる


ウェブキャンペーンでは、クチコミが自然に拡散するSNSを使ったキャンペーンが、主流となりつつあります。SNS販促の最大のメリットは、ユーザー同士がつながっており、クチコミが瞬時に伝わること。信頼できる友人・知人による投稿や引用が、アクションにつながりやすいともいわれています。
また、SNSでは、マスメディアが取り上げないような小さい話題が、爆発的に拡散する場合もあります。SNSで話題を獲得した商品がバカ売れして在庫薄になったり、SNSで紹介されたお店に行列が並ぶことは、珍しくありません。大きな広告費を使わずに販促につながる可能性があるのがSNSキャンペーンの効果です。
三浦印刷では、パートナーを通じてFacebook、Twitter、LINE、YouTubeの4大SNSへの広告運用をサポートします。


SNS利用率は2019年に69%となり、前年より9%上昇
年齢階層別ソーシャルネットワーキングサービスの利用状況
https://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/ja/r02/html/nd252120.html


(出典)総務省「通信利用動向調査」

理由その4 ウェブアクセスを分析・検証することで、キャンペーンの効果検証の数値化ができる


ウェブマーケティングでは、Google Analyticsを使ってほぼ無償でアクセス結果を取得できます。Google Analyticsでは、特定期間のウェブサイトに訪問したユーザーの数、訪問回数、閲覧されたページビュー数などをグラフで表示します。現在では、どのウェブサイトにもその計測タグが入っており、ウェブサイト運用担当者にとって、ウェブアクセスの計測は、必須業務となっています。
ウェブキャンペーンでも、Google Analyticsの計測タグを設置しておけば、キャンペーンのランディングページや応募フォームへのアクセス数の分析ができます。また、QRコードを可変印刷しておくことで、どの印刷媒体からの応募だったかを検証することも可能です。

QRコードの商標はデンソーウェーブの登録商標です。

以上が、三浦印刷が考えるウェブキャンペーンをやるべき理由です。レシートキャンペーンでは、ハガキ応募よりスマホ応募にメリットがあるとしています。当社は印刷会社ですので、応募数アップの期待効果もあることから、ウェブとハガキ応募を同時並行で展開することも可能です。


消費者にとってスマホは手放せないものとなっており、集客からショッピングまでスマホで完結できる環境が整った現在、スマホを使ったウェブキャンペーンの実施によってお客様企業が、多くの効果を得られる可能性が高まっています。これが、印刷会社である当社が、あえてウェブキャンペーン実施をおすすめする理由なのです。


「キャンペーン缶DX」は、ウェブキャンペーンを成功へと導く、三浦印刷のワンストップサービスです。
ウェブを使った集客企画や応募システム開発、問合せ事務局、結果集計まで、経験豊かなスタッフが計画的に進行しますので、ご担当者様のお手間を煩わすことなく、キャンペーンを実施することができます。
ウェブキャンペーンをご検討中の販促ご担当者様は、ぜひ三浦印刷にご用命ください。


最後まで読んでいただきありがとうございます。